キチンの中にグルコサミンはある

さきほど人の体内では、軟骨で役立つのがグルコサミンだとでてきましたが、それ以外の場所だと爪や靭帯などに存在しています。これは人間の体内においてであり、自然界の動物や生き物だとまた別の場所にグルコサミンが存在しているんですよ。動物の場合は、軟骨や皮膚。海の生き物の場合では、甲殻類の殻の中にあるキチンという成分の中にグルコサミンは含まれています。この甲殻類というのは、エビやカニなんですよ。キチンのままでは使用できないので、加水分解など科学技術を用いて、キチンの中よりグルコサミンを取り出してサプリメントなどに使うんです。このときに使われる成分によっても、グルコサミンの種類が分かれるんですよ。

メジャーなグルコサミンは甲殻類由来のものです。グルコサミンを配合してあるサプリメントなども、甲殻類由来のものが多いんですよ。しかし気を付けておきたいのは、アレルギーについてです。甲殻類に対してアレルギーをもっている人が、グルコサミンを摂取するとアレルギー反応を起こしてしまうんですね。でも関節などに悩みをもつのは色々な人がいるので、そんな人でもアレルギーを気にしないで摂取することのできるグルコサミンがあるんです。