甲殻類由来か、植物性か

基本的にグルコサミンは甲殻類由来の成分ですが、エビやカニにアレルギーをもつ人は摂取できません。そんな人のために、植物由来のグルコサミンというものがあるんですよ。そもそも、甲殻類由来のグルコサミンには、硫酸塩と塩酸塩というふたつの種類があります。通常のサプリメントなどで使用されているのは、グルコサミン硫酸塩が多いんですよ。一方海外などではグルコサミン塩酸塩がメインで使われていることの方が多いのです。より軟骨に高い効果を期待するならば、グルコサミン塩酸塩が配合されているサプリメントなどを目安に選ぶといいですよ。

さて植物性由来のグルコサミンは、発酵グルコサミンと呼ばれています。名前でもわかりますが、植物を原料として、微生物などの生き物の力を利用して作り出したグルコサミンとなっています。こちらの発酵グルコサミンは、成分単体ではなく、主にサプリメントの形で販売されていることがほとんどです。そのため、発酵グルコサミンい意外にヒアルロン酸などその他成分も一緒に配合されていることが多いですね。アレルギー持ちの人でも反応の確率を下げることができますが、個人差があり絶対とはいいきれないのがデメリットです。グルコサミンにはこれらの種類がありますが、それぞれ摂取方法について知っておくといいですよ。